Gigabyteな自作PCパーツ口下手情報

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows 7でも「XPダウングレードモデル」の販売が可能に!

<<   作成日時 : 2009/06/19 06:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

しかしこれでいいのですかね。・・・・Microsoftさん
ちょっと時期早すぎるんではないの。・・・・今はWin 7のこと褒めちぎられているんだからね。
やはり、ネットブックPCの事無視できないのか・・・Windows 7 スタータキットでも不安があるのかな??

情報概要(情報提供元記事より一部抜粋)
マイクロソフトは、Windows 7のProfessionalおよびUltimateのOEM版について、Windows XP Professionalへのダウングレード権を認める方針を明らかにした。Windows 7の発売から18カ月後、もしくは同OS用のService Pack 1(SP1)がリリースされる日のどちらか早い期日まで、ダウングレード権を与える。これによりパソコンメーカーは、Windows 7を搭載するパソコンを、あらかじめWindows XPにダウングレードした形で販売することも可能になる。

 OEM版のWindowsでは、ダウングレード権は“1つ前”のOSに限って認められるのが通常だ。ボリュームライセンス版のWindowsについてのみ、複数前のバージョンまでダウングレード権が認められる。例えばWindows Vistaの場合、OEM版のVista BusinessとUltimateには、Windows XP ProfessionalまたはWindows XP Tablet PC Editionへのダウングレード権だけが与えられている。一方、ボリュームライセンス版のVista Businessに対しては、Windows XP Professionalに加えてWindows 2000 Professional、Windows NT Workstation 4.0/3.5、Windows 98/98SE、Windows 95へのダウングレード権が与えられている。

 これに対してWindows 7では、OEM版についても、2つ前のバージョンに当たるWindows XPへのダウングレード権を認めるという。発売から18カ月、あるいはSP1のリリースまでという条件付きだが、アプリケーションの互換性などの問題から、Windows XPを使い続けたいユーザーにとっては朗報だ。1つ前のVistaについても当然ダウングレード権が与えられる。こちらは特に期限がない。

情報提供元の詳細記事は 日経パソコン オンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Windows 7でも「XPダウングレードモデル」の販売が可能に! Gigabyteな自作PCパーツ口下手情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる